「過去は変えられない」と「人事を尽くして天命を待つ」

いま、私が考えているのは、「過去は変えられない」ってこと、「人事を尽くして天命を待つ」ってこと。


ayatanaka0813.hatenablog.com

 この記事でもあるように、今年は準備の年。もっと言うと、自分の夢を達成する大きな足がかりの第一歩。

この3月に大学を卒業して、就職するのではなくて、自分の可能性に賭けると決めるのは、私にはとっても大きな決断だった。

だからこそ、今年の目標である「意外と自分はできるんだ!」という体験を積み重ねながら、精一杯の準備をしよう。みんなに良い報告ができるように。

そういう意味での「人事を尽くして天命を待つ」

 

2017年は、スポーツも研究も集大成の年だった。

もちろん、その時々に自分が最善だと思うようにやったつもりではあるけれど、5ヶ月経って、あのときああしたら良かったな。こうしたら良かったな。なーんて思ってしまうのも事実です。

でも、今となってはその過去の状況も、自分と周りの言動もすべて変えることなんてできないから。

だから、そんな環境に身を置くことができたことに感謝しながら、「いま」に集中しようと思うのです。

そんな意味での「過去は変えられない」

 

以上、いま私が特に意識していることについてでした!

【ITツール】卒論執筆で便利だったもの(IT編)

 今日の早朝、ようやく卒論の執筆が終わりました!

というわけで、記憶が新鮮なうちに卒論で便利だったものを紹介します。

私のMy PCはMacBook Airなので、特にMacの人にお勧めします。

 

まずはこれ、Shiftlt。

いつからかMacの標準機能としてspilit viewが加わって、一部のアプリでは画面分割が使えるけど、外部アプリだとまだまだ対応していないものもある。Microsoft for Macとかとかとか‥

 

論文を書くときって、参考文献を参照しながら書くことが多くて。

だから、Wordとブラウザー/PDF viewerを一緒に開きたい。

 

そんなときに使えるのが、このShiftlt。

こんな風にsplit viewに対応していないアプリでも2画面分割してくれる。

f:id:ayatanaka0813:20180119213624p:plain

 

2画面だけじゃなくて、

f:id:ayatanaka0813:20180119213656p:plain

こんな風に最大4画面まで広くディスプレイを使えるし、コマンドも自分で設定可能だからとても使いやすい!

 

これは「なにかを参照しながら別の作業をする」という機会のある人全員にお勧めします!

ここからダウンロードできるので、ぜひ。

 

次は、Coffitivity。

https://coffitivity.com/

 

集中力を上げる方法は色々あると言われているけど、私が特に効果を感じたのがBGM。

なかでも、カフェの雑音風のBGMがちょうど心地良くて。

 

このサイトはクリックするとすぐに音が流れ始めるし、無料で3つの場所をモチーフにした雑音が選べるので飽きがきにくいです。

 

でも、人によっては天気音とか自然音の方がいい人もいるだろうし、クラシックがいい人もいると思うので、あくまで私の場合。

 

他にもちょっと面白くて、でも集中できたのは、これ

ジャズと雨の音の組合わせ。雨の音量も変えられて、これもなかなかよかった。

 

これから卒論を書く人も、そうじゃない人も参考にしてもらえると嬉しいです✩

【フィギュアスケート】心が暖かくなるプロジェクト

この間、全米フィギュアスケート選手権が行われた。

 

13歳でジュニアでデビューしてからずっと応援しているキャロライン・ジャン選手、ソチオリンピックに出場したポリーナ・エドモンド選手、黒鳥のプログラムを滑ったときからアメリカの第一戦で活躍していたアシュリー・ワグナー選手。

 

多くの選手が出場し、オリンピックを賭けて滑った全米選手権2018。

 

その中でオリンピックの女子の3枠を勝ち取ったのが、

ブレイディ・テネル選手とナガスミライ選手、カレンチャン選手。

 

ブレイディはGPSのアメリカ大会でいきなりメダルを獲得し、オリンピック競争に名乗りを挙げた選手。SP1位からのFS最終滑走で1位という完全勝利。

若い選手だけど、勢いのある選手で要注目です。

 

カレンは全米ノービスで優勝してから、ずっと期待されてる選手。去年は全米フィギュアを制して、今年はオリンピックチームに入ってアメリカ女子を引っ張ってる選手の1人。小柄ながらダイナミックなジャンプとガッツが魅力の選手。

 

さて、最後はミライ。

名前からわかる通り、ご両親が日本人。

本人はアメリカ・カリフォルニア州で生まれ育ったアメリカ人。

2007年に無名の状態から全米ジュニアで優勝してから、その能力の高さに期待されてた選手。2008年は全米シニアで優勝して、2010年にバンクーバー五輪代表に選ばれて4位になって。2018平昌五輪代表にもう1度選ばれた。

 

こうやって書くと順調なキャリアを積んでるように見えるけど、回転不足をなくしたり、去年くらいから3Aをプログラムに入れるようにしたりと努力を重ねてきた選手。

 

そんなミライが、こんなプロジェクトをやっている。

 

各国のオリンピック協会からは選手個人の渡航費しか支給されないから、

ミライのご両親がオリンピックを観に行けるように費用をサポートしようというもの。

 

オリンピックに自分の娘が出場するなんて機会なかなかないもんね、

そりゃ間近で見たいよね。

 

このプロジェクトによってミライのご両親が平昌まで観にいけること、

そしてミライちゃんの最高の演技が見れること、

を願ってます☆

 

にしても、こういうコミュニティで支えてあげようという姿勢がとてもいいなあと思ったのでシェアしました。