「海外教育を受けたかった!」私が今考えている思い

 「海外の教育を受けてみたい」

これは、タイ人の友人がインターナショナルスクールに通いだしてからずっと考えてきた思いだった。でも、私の親は海外勤務もなかったし、日本のインターナショナルスクールは高額で叶わなかった。当時は、まだ親子留学とか、そういうのもあまり知られていなかった。何より、たぶん、私の母は日本にいるなら日本の教育がベストだと思っていただろう。

 

f:id:ayatanaka0813:20190602185147j:plain

https://scandasia.com/the-regents-international-school-bangkok-day-and-boarding-2-18-years-old/

 

今、私は日本で2度目の大学生生活を送っている。

 

そして、私の勉強している分野を海外の大学で勉強している人がいる。日本人でも知っているだけで、ドイツ、オーストリアハンガリー、中国で頑張っている。

それだけでなく、ご家族の都合、留学、移住、いろんな理由で海外のシステムで勉強している子たちがいる。

 

twitterやブログ、youtubeを通してそんな世界を知ることができました。

 

「海外の教育を受けてみたかった」これは、今でも変わらない。

でも、だからこそ、アメリカの、イギリスの、中国の同じ分野を勉強している人たちに、海外で教育を受けてきた日本の子達に負けたくない。

こういう思いで勉強しています。

 

自分の将来や夢のことを考えながら勉強することも、とても大事だと思う。

 

でも、「日本人だから日本で働く」というのは通用しない時代がすぐそこまで来ていると感じる。だから、常に世界で自分と同じ立場にいる人がどんな勉強をしているのか、意識するのは必要なこと。

 

最近、私が好きなyoutuberさんの動画。

m.youtube.com

 

アメリカではこんな学生生活を送っている子がいると思うと、負けてられないよね。

 

日本の教育にも、アメリカにも、カナダにも中国のそれにもほかのところにも、それぞれいいところ、そうでないところがある。私が子育てをするときには、それぞれの特色を生かしたいなあと思って、海外の学校紹介ビデオを見たり、カリキュラムを比較したりしています。(まだ子どももいないけど。)